2.5から宝塚までいろいろ見た感想など

【舞台】メサイアー暁乃刻ー

メサイアシリーズ。ずっと気になってたけどたくさんあるしどこから手をつけたらいいのか分からないんで放置してたけど思い切ってアイロン買い直すついでに円盤ぽちってみた。

家で映像で舞台を見るときに自分に合わない舞台だと三分くらいで気が散って皿とか洗いたくなるんだけど、合う舞台だとずっと見ていられるっていう基準があって(誰だってそうだと思うけど)幸いメサイアもずっと見ていられたので損しなくてよかった。今は配信とかで舞台も気軽に見れるけど三分で皿洗いたくなる舞台も多いから…。今まで最後まで見てられたのは弱虫ペダルとトランプシリーズとか。でも同じ演出家の作品でも眠くなっちゃうのもあるから難しい。

感想としては何かすごい熱量の作品なんだなーということ。赤澤燈くん初めて見たけどすごいしんどそうな役をしんどいまま演じてて見てるこっちもしんどかった。ここまでのシリーズの積み重ねとかキャストの思いとかいろいろあって、そこを共有してないけどしてないなりに読み取れる迫力があったと思う。

黒づくめの制服を着た暗殺機関のエージェントでかっこいいアクションの連続、これに加えてエモい男同士の熱いドラマのてんこ盛りで、これ演じる男子はそりゃ楽しいし気分いいだろうなあ。男が男のために命をかけて涙を流してっていう世界なのにあんまりBL臭しないのが意外だった。自分が鈍いだけかもしれないけど。

若俳って基本イケメンばかりだと思ってたけどメサイアは個性的な顔が多くて、その中で井澤くんと山田くんの顔の良さが際立ってた気がした。顔が良くて演技も上手でスタイルもよくてアクションもバリバリこなせるってどんなだよ。ホントに若俳の世界は群雄割拠の戦国時代なんだなあ。

安里くんが好きなので贔屓目で見てしまうけど、キャストに役を寄せるというメサイアで安里くんがあんなサイコパスにされたのがわかるようなわからないような。Dr.TENすごくよかった。この人は地獄も鼻歌まじりに歩いていくんだろうなあ。その虚無さに切なくなった。あとやっぱり声が高くて澄んでてすごくいい。神さまの声みたいだった。

これだけ見ても先が気になるしその前も気になるし、でも今から遡るなら円盤買うしかなくてどうしようかな。とりあえずDr.TENが出るから映画は見ます。

【舞台】宝塚BOYS teamSKY

9/1サンケイホールブリーゼ マチネ

 

以前からいいという評判を聞いて気になっていたし、ヅカオタとしては見ておきたかったので役者も誰も知らないのに取ってみた。一般発売から結構日が経ってたけど普通に取れたのであんまり売れてないのかと思ったけど行ってみたら満席でした。原作ファンのいかにもな二次元オタクがそこそこいる2.5と違って純度100%の若俳の現場!!って感じでなんか肩身が狭かった。お客さんもキャストもみんなきらきらして眩しかった。

 

大阪は若手チームであるSKYのみで、どうせ見るならベテランチームがよかったなとちょっと思ってたけど、みんな体当たりで演じてて上手だった。なんか2.5って例えスポーツものでも汗の匂いを感じさせちゃいけないところあるけど、ヅカボは臭い臭い言うし実際臭そうだし、そういう舞台を2.5とかに主に出てる役者さんたちがやることに意味があるんだろうなあと思った。

女ったらしのたけちゃんが一番いいなあと思ったから確認したら川原一馬さんで、名前はよく見るから知ってる人だった。また何か縁があって舞台で観られたらいいな。

星野役の中塚さんも何か見たことあると思ってたらコードギアスのミュージカルでスザクやった人だった。当時ギアスにどっぷりはまっていたからかえって見に行けなくてスルーしたんだった。舞台はこけたけどミュはそこそこ好評で続編もあった気がする。でも当時から活動している人なら十分ベテランなのでは?と思ったけどバレエ踊れる人じゃないと無理だからなのかと納得した。若俳でバレエ踊れる人ってなかなかいないもんな。三浦ひろきくんくらい?

最後どうなるかは訓練されたヅカオタだから知ってたけど、それにしても一三ひどいな。ていうか、ヅカオタだから小林一三が阪急グループの創設者でどんだけ偉い人かとか、ボーイズが目指している宝塚の舞台というのがどういうものか知ってたけど、キャスト目当てに見に来てるお客さんはピンとこないのでは?っていうのは疑問だった。一三が阪急の創設者って説明なかった気がするんだけど。そもそも宝塚の話なのに製作が東宝じゃないから権利とか難しいんだろうけど、冒頭で宝塚のド派手なレビューとかを映像で流せれば分かりやすいのになあ。

思ったよりはるかに戦争色が強くてみんな可哀そうでやりきれない気分になったけど、若いキャストが演じた分希望も感じられて気持ちよく帰ることができてよかった。大丈夫君たちにはこれからいいことあるよと思ったし、実際今の宝塚以外は2.5ばかり舞台の上で輝いているは若い男ばかりの現実があるからなあ。とかいろいと考えてしまった。また再演されたら違うキャストでも見てみたい。

【舞台】ラ・カージュ・オ・フォール

2018/4/21ソワレ 梅田芸術劇場メインホール

何かよく再演されてる演目、くらいの認識で特に観たいと思ってなかったけど見た人の感想が軒並み鹿賀さんが(悪い意味で)やばい、セリフが完全に飛んでる、もう無理なんじゃないかというのばっかりで、じゃあもう再演はないかもしれないなーと思ってギリギリでチケット取って見に行きました。結果見に行ってとてもよかった。

レビューシーンが思ったより長くて、本当にラカージュの客席にいるような気分になれて面白かった。でっかいお兄さんたちがハイレグ着て踊りまくるので最初は面食らったけどすぐ慣れた。でもこの辺抵抗ある人もいるかもなーとは思った。真田丸で印象的だった新納さんを生で観られて嬉しかった。当たり前だけど秀頼さまと全然違う。客席に年配の男性が意外なほど多かったんだけど、あのおじ様たちは鹿賀さんとか市村さんのファンなんだろうか。

鹿賀さんも市村さんも生で観たことはなかったので圧倒されました。確かに鹿賀さんはセリフがところどころ危うくってジャン・ミッシェル役の木村さんが明らかにフォローしたりしててハラハラしたけど。でも情感たっぷりの歌とか最初誰!?ってなるような役作りとかさすがだなあと見とれてしまった。一方市村さんは本当にお元気で…信じられないくらい元気ですね…。あんなの、みんなアルバンを好きになるよなあ。一幕最後の「ありのままの私」は圧巻でした。

ジャン・ミッシェル役の木村達成さんは以前ナルトで見たことがあって、スタイルがよくてきれいな顔をしてる上に運動神経もいいなんて最近の若手俳優は本当にすごいなーと感心したけど、今回も出てきた途端に足長っ!!顔良っ!!とびっくりしたし、そりゃこんな可愛い息子におねだりされたらパパ聞いちゃうよね~と思わせる説得力があった。すごいキュートだった。木村さんがナルトで主従関係だった大蛇丸役の悠未さんがヅカ時代から好きで、ナルトもそれで見に行ったんだけど悠未さんは歌がとても得意で木村さんともよくミュージカルの話をしたと言っていたのでその辺からもっと大きい舞台を目指していたんだろうなあ。若いのに本当にしっかりしているしファンの人は安心して見守れる人なんだろうな。

アンヌ役の愛原さんは初登場の、セットの扉からポーンと飛び出してくるところが夢のように可愛かった。あのシーン大好き。ヅカ出身の娘役さんって隣に立つ男役をかっこよく見せる力が求められると思うんだけど、それはリアル男性に対しても有効なんだなあと愛原さんは花總さんを見てるとすごく思う。

もっと色物の笑える作品かと思ってたけど全然まっとうで明るく気持ちよくさせてくれる作品で、できればもっと見たいのでまた再演してほしい。鹿賀&市村ペアは難しいかもしれないけど、できる役者さんは育っていると思うし。