2.5から宝塚までいろいろ見た感想など

【舞台】メサイアー暁乃刻ー

メサイアシリーズ。ずっと気になってたけどたくさんあるしどこから手をつけたらいいのか分からないんで放置してたけど思い切ってアイロン買い直すついでに円盤ぽちってみた。

家で映像で舞台を見るときに自分に合わない舞台だと三分くらいで気が散って皿とか洗いたくなるんだけど、合う舞台だとずっと見ていられるっていう基準があって(誰だってそうだと思うけど)幸いメサイアもずっと見ていられたので損しなくてよかった。今は配信とかで舞台も気軽に見れるけど三分で皿洗いたくなる舞台も多いから…。今まで最後まで見てられたのは弱虫ペダルとトランプシリーズとか。でも同じ演出家の作品でも眠くなっちゃうのもあるから難しい。

感想としては何かすごい熱量の作品なんだなーということ。赤澤燈くん初めて見たけどすごいしんどそうな役をしんどいまま演じてて見てるこっちもしんどかった。ここまでのシリーズの積み重ねとかキャストの思いとかいろいろあって、そこを共有してないけどしてないなりに読み取れる迫力があったと思う。

黒づくめの制服を着た暗殺機関のエージェントでかっこいいアクションの連続、これに加えてエモい男同士の熱いドラマのてんこ盛りで、これ演じる男子はそりゃ楽しいし気分いいだろうなあ。男が男のために命をかけて涙を流してっていう世界なのにあんまりBL臭しないのが意外だった。自分が鈍いだけかもしれないけど。

若俳って基本イケメンばかりだと思ってたけどメサイアは個性的な顔が多くて、その中で井澤くんと山田くんの顔の良さが際立ってた気がした。顔が良くて演技も上手でスタイルもよくてアクションもバリバリこなせるってどんなだよ。ホントに若俳の世界は群雄割拠の戦国時代なんだなあ。

安里くんが好きなので贔屓目で見てしまうけど、キャストに役を寄せるというメサイアで安里くんがあんなサイコパスにされたのがわかるようなわからないような。Dr.TENすごくよかった。この人は地獄も鼻歌まじりに歩いていくんだろうなあ。その虚無さに切なくなった。あとやっぱり声が高くて澄んでてすごくいい。神さまの声みたいだった。

これだけ見ても先が気になるしその前も気になるし、でも今から遡るなら円盤買うしかなくてどうしようかな。とりあえずDr.TENが出るから映画は見ます。